THE SEA|生命の始まり 海はどうやって誕生したのだろうか?

46億年前遠視地球が誕生した以後、海はどのように作られたのだろうか?

thesea4840
最も一般的な学説は地球内部に含まれていた一部水蒸気とガスが火山活動により地球表面と流れ出たためだという。 この時、地球と太陽間の距離が今よりさらに近かったとすれば指標の高い温度によって水蒸気が生成されなかっただろう。 したがって海ができないで他の惑星のように人が生きることはできない所に変わったかも分らない。

それならどんな過程を経て今日のような海ができたのだろうか?

遠視地球内部の物質が表出される過程で途方もない圧力と熱そして揮発性成分(メタンガス、水素、アンモニア、二酸化炭素、質素、水蒸気など)が放出され始めた。 こうしたことが一日にも数えきれない程起きた。 時間が流れて遠視地球は次第に温度が降りて行って空には二酸化炭素と水蒸気がますます多くなって待機の基礎が形成された。 地球が二酸化炭素と水蒸気(80%)で覆われていたという事実は大変重要だ。 二酸化炭素と水蒸気は温室効果を起こす気体であるためだ。 もしこのような温室気体がなかったとすればこの時できた途方もない熱は全部宇宙空間に飛んでいったかも分らない。 幸いに地球には厚い雲層が形成されたし、空気中の水蒸気が水滴に変わるとても重要なことが広がった。

雨が降り、地面が固まり、そして海が誕生した。

ついに空を覆った黒い雲で雨が降り始めた。 指標温度が少しずつ低くなってグラグラ沸くマグマの海はますます冷め始めた。 こうしたことが数百万年の間持続しただろう。 ところで地球最初に降り始めた雨はすっきりした雨でなく300℃に近い熱いものだったという。 この熱い雨は1,300℃ 程度でグラグラ沸く土地表面を速い速度で冷ました。

土地表面が冷めてより多くの水蒸気が空に昇った。しかも雨が降った。 土地はより一層冷めたし、より多くの雨が降った。 こうしたことがどれくらい永らく持続したのか誰も分からない。 この時降った多くの雨は低いところに集まって湖になり海の基礎になった。 最初のこの海水は熱くて塩分がなく酢のような酸性だったという。 地球にはこのようにして海ができたし、きれいに晴れた空ができた。

2014年5月13日

このページの先頭へ